Vital Japan: For English speaking professionals(英語力のある方限定)
Vital English: For English learners(英語を勉強したい方向け)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

2/24(土)Vital English-英語勉強会◆「国際情勢を英語メディアで読み解き、英語で語ろう!」◆時事英語

2月 24@2:00 pm - 5:15 pm

¥1,000
Vital English-英語勉強会 日本最大級の英語コミュニティ【英会話・英語ディスカッション】
Vital English – 英語勉強会    2018年2月24日(土)2:00-5:15pm   【飯田橋】

【時事英語編】 [中-上級レベル]
◆テーマ「国際情勢を英語メディアで読み解き、英語で語ろう!」

◆日時:2018年2月24日(土)
勉強会: 2:00-5:15pm (開場:1:40pm)  終了後、夜のVital Japan月例セッションまで自由な交流タイム

◆会場:東京しごとセンター B2F 講堂
東京都千代田区飯田橋 3-10-3
◆交通:飯田橋駅より徒歩7分、九段下駅より徒歩10分

◆参加費:1,000円
◆定員:200人

参加申込フォーム 参加受付中!

◆Speakers:
小田 康之, Vital Japan 代表兼オーガナイザー
Mark Kuczmarski, American from Ohio and California(Software Engineer)

いま世界で起こっている最新のニュース、その背景を様々な英語メディアで読み解き、キーワードや表現方法を学びながら、英語で会話やディスカッションをしてゆきます。

英語メディアの特徴やメディア概況、情報収集や読み方の技法についても触れます。世界を代表する英語メディアにはどのようなものがあるか、伝え方の傾向は?、どのように活用すれば有益か、情報収集のための技法は?等。

また、いま起こっている世界のニュースを読み解くためのキーワード、最新の話題等も解説。参加者で1対1での対話やグループディスカッションをしてゆきます。

セッションは、スピーカーからの英語表現や背景情報の紹介、1対1でのトレーニング、グループでの自由なディスカッションから構成。

プレゼンは小田が日本語と英語を交えて行い、米国人のMarkが英語でトークの相手を務めます。

【内容】(予定)
セッション時点での最新の話題を扱いますので、内容は変更の可能性ありますが、大まかには下記を想定しています。
・英語メディア概況・特徴・情報収集や読み方の技法
・米国政治、国際関係
・世界経済の行方
・ナショナリズム、ポピュリズムの広がり
・日本をどう英語メディアは伝えているか

【流れ】(予定)
・Icebreaking (1対1の自己紹介 x 3回 でウォームアップ)
・講義&トレーニング
・会話・表現アクティビティ:グループや1対1でトーク&ディスカッション
[休憩] 休憩後 席替え・新たなグループで後半!
・新たなグループ内で自己紹介
・講義&トレーニング
・会話・表現アクティビティ:グループや1対1でトーク&ディスカッション
・Summary Talk (本日学んだことを1対1で振り返ろう)

 

 

 

Share this page on facebook, twitter, linkedin, email
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone

詳細

日付:
2月 24
時間:
2:00 pm - 5:15 pm
参加費:
¥1,000
イベントカテゴリー:

会場

飯田橋 – Iidabashi (Tokyo Shigoto Center)
飯田橋3-10-3
千代田区, Tokyo 102-0072 Japan
+ Google マップ

主催者

Vital English

Vital JapanとVital Englishは、それぞれ目的とレベルが異なる勉強会です。お間違いないようにお申し込みください。

▼それぞれのイベントの対象

Vital Japan:  For English speaking professionals
対象:英語で議論のできる方、専門分野をお持ちの方。
英語レベル:英語ネイティブまたは、英検1級、TOEIC900点程度以上で、英語での議論に問題の無い方)

Vital English:  For English learners
(対象:英語力を高めたい方。英語中級レベル以上で、他の参加者と交流したい方であればどなたでも参加可能。)

勉強会の英語レベルについて