“Brexit”の発音の仕方 【英単語・時事英語】

事前の想定外”Leave”の結果となった英国の国民投票で、世界が混乱状態ですね。

短期的な市場の乱高下、経済的な問題以外に、英国のEU離脱は各国の政治的な問題、国際関係の力学にも大きな影響を与えてゆくことになりそうです。

ところでこの“Brexit”という言葉、日本のメディアでも普通に使われるようになりましたが、カタカナでは「ブレグジット」と表記されています。本日の日経朝刊しかり。
でも、英語では「ブレクシィット」のように濁らないで大抵発音されますのでご注意を。

 

さて、今週は久しぶりに平日夜の勉強会です。2016年7月1日(金)午後7時から田町にて。
Brexitや参議院選挙についても取り上げます。

このコラムは、Vital English-英語勉強会のメルマガで配信した内容の一部再録です。

■Vital English-英語勉強会■
日本最大級の講師と参加者による英語勉強会・英会話サークル

Share this page on facebook, twitter, linkedin, email
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone