責任を転嫁するな! “Don’t pass the buck without passing the bucks.”

先月New York州のCuomo(クオモ)知事が新型コロナに関する定例会見で、連邦政府を次のように非難していました。

“Don’t pass the buck without passing the bucks.”

“buck”の掛詞になっているのですが、最初の”buck”は「責任」、最後の”bucks”は「お金/ドル紙幣」の意味で使っています。
pass the buck“とは、「責任転嫁する」という表現。

第二次大戦末期から戦後すぐの米国大統領だったTrumanの執務室の机上には、
The buck stops here.” と掲げられていたというのは有名な話です。責任はここで止まる、つまり責任は私が取る、ということです。

“buck”というのはポーカーのディーラーの目印からきた言葉で、口語で「責任」を意味します。
他の意味で米国では、よくお金を指して “buck” と言いますね。正確にはドル紙幣のことです。ten bucks といえば 10ドル のこと。 “make a buck” というと「儲ける」という意味。

Cuomo知事は、トランプ政権に対して、「連邦政府からの金銭的な援助なしに、州に責任のみ押し付けようとしている」と言っているわけですね。

ちなみにこのNY州知事、Andrew Cuomoは民主党ですが、outspoken (歯に衣着せぬ)な人で、民主党の中では執行部とも関係が微妙、ちょっと異端の人。しかし、今回のコロナ対策では、その姿勢が評価されて株が上がっています。
父親のMario Cuomoも長期にわたってNY州知事を務めました。名前がlatino(ヒスパニック)にも聞こえますが、イタリア系です。

このコラムは、Vital English-英語勉強会のメルマガで配信した内容の一部再録です。

■Vital English-英語勉強会■
日本最大級の講師と参加者による英語勉強会・英会話サークル

 

Share this page on facebook, twitter, linkedin, email
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone