下記のUpcoming Eventsには、次の2つのタイプの勉強会があります。お間違いないようにお申し込みください。
Vital Japan: For English speaking professionals (既に英語力のある方限定)
Vital English: For English learners (英語を勉強したい方向け)

 

イベントを読み込み中

« All イベント

  • このイベントは終了しました。

9/10(土)Vital Japan「英文ビジネスライティングの極意◇ビジネス文書を書く前に知っておくべきこと: 脳神経言語学理論の知見から」

土曜日 , 9月 10, 2016@6:30 pm - 9:15 pm

1000yen
20150328VitalJapan1
Vital Japan 第145回月例セッション: 2016年9月10日(土) 6:30pm- 【飯田橋-Iidabashi】

◆Topic 「英文ビジネスライティングの極意
       ビジネス文書を書く前に知っておくべきこと: 脳神経言語学理論の知見から」
“Things you should know before writing a business document
– Implications from a Neuro-Linguistic theory”

◆Speaker: 中谷 安男 さん    Dr. Yasuo Nakatani
(法政大学 経済学部 教授,応用言語学博士)
Professor of Applied Linguistics, Faculty of Economics, Hosei University

★使用言語:日本語&英語     Session in Japanese & English
(今回は特別にプレゼンでの使用言語は主に日本語です)

English Announcement here

◆日時:2016年9月10日(土) 勉強会 6:30-9:15pm(開場 6:00pm)    終了後、懇親会

◆会場:東京しごとセンター B2F 講堂
東京都千代田区飯田橋 3-10-3
◆交通:飯田橋駅より徒歩7分、九段下駅より徒歩10分
地図

◆参加費:1000円
◆定員:200人

Sign-up 参加申込フォーム 参加受付中!

◆Session Flow:
-6:30pm  Networking time
6:30pm: Opening
6:45pm-: Workshop by the Speaker
1. Introduction
2. Discussion: what are English writing skills?
3. A Neuro-Linguistic theory
4. Persuasive writing strategies
5. Let’s start writing!
6. Review

9:15pm:  Session end
(9:30pm- Networking Party)

◆使用言語:日本語&英語     Session in Japanese & English
(スピーカーのプレゼンは主に日本語で行います。)

◆Topic「英文ビジネスライティングの極意
ビジネス文書を書く前に知っておくべきこと: 脳神経言語学理論の知見から」
“Things you should know before writing a business document
– Implications from a Neuro-Linguistic theory”

◆Speaker: 中谷 安男 さん    Dr. Yasuo Nakatani
(法政大学 経済学部 教授,応用言語学博士)

このワークショップでは,英語で説得力のあるパラグラフを書くために脳神経言語学の理論を活用します。
最初に,200万語の英文コーパスデータ分析に基づいた成果から,読者中心の書き方を示します。次に,読む人を説得し,自分の観点に賛同してもらい,行動を起してもらうために必須のライティング方略を話し合います。

実際に簡単なパラグラフを書くことも実践してみましょう。
グループでのディスカッションやスピーカーとの対話も盛り込んでの、参加型のセッションです。

今回は特別にスピーカーのプレゼンを主に日本語で行いますので、初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。

1. イントロダクション
2. 英語のライティングスキルとは?
3. 脳神経言語学理論が教えてくれること
4. 説得のある書き方の方略を学ぼう
5. さあ書き始めよう
6. まとめ

▼Speakerのご紹介
中谷 安男 さん      Dr. Yasuo Nakatani
法政大学 経済学部 教授、応用言語学博士
慶應義塾大学経済学部卒業,米国ジョージタウン大学大学院英語教授法資格,豪州マッコーリー大学大学院修士号,英国バーミンガム大学大学院博士号 取得,オックスフォード大学客員研究員

専門:コミュニケーション・ストラテジー,グローバル・マーケティング、言語習得,ビジネスプレゼンテーション、
ビジネスケース作成 例「インテル(株)マーケティング戦略」「インテル品質管理の交渉」「サッポロビール組織変革」「JR九州高速船」「たこ焼き八ちゃん堂」「シャネル,ディオール・パフュームブランド戦略」等

著書:  Global Leadership: Case Studies of Business Leaders in Japan,Improving Oral Proficiency through Strategy Training
『大学生のためのアカデミック英文ライティング』『ケース・メソッド入門』『国際ビジネスコミュニケーション‐国際ビジネス分析の新しい視点』他 多数。
─────────────────────────────────


in English
———————————————————————-
Vital Japan 145th Monthly Session – September

*When: Saturday, September 10th, 2016
6:30-9:15pm (Door open 6:00pm)
Networking Party to follow

*Place: Tokyo Shigoto Center – B2 Hall
3-10-3 Iidabashi, Chiyoda-ku, Tokyo
*Venue details

*Topic   “Things you should know before writing a business document
– Implications from a Neuro-Linguistic theory”

*Speaker: Dr. Yasuo Nakatani, Professor of Applied Linguistics,
Faculty of Economics, Hosei University
Director of Japan Business Communication Association

*Language: Japanese & English (Presentation will be in Japanese)

*Cost: 1,000yen
*Sign Up Form  Sign Up Now!
(Max 200 people)

*Session Flow:
-6:30pm  Networking time
6:30pm: Opening
6:45pm-: Workshop by the Speaker
1. Introduction
2. Discussion: what are English writing skills?
3. A Neuro-Linguistic theory
4. Persuasive writing strategies
5. Let’s start writing!
6. Review
9:15pm:  Session end
(9:30pm- Networking Party)

In this enjoyable workshop, participants can share the findings of neurolinguistics research in order to write a persuasive paragraph in English.
First, the speaker demonstrates how to create a reader-center approach based on analysis on 2 million English written corpus data.  Then participants discuss essential strategies to convince readers to accept a particular point of view or take a specific action.

1. Introduction
2. Discussion: what are English writing skills?
3. A Neuro-Linguistic theory
4. Persuasive writing strategies
5. Let’s start writing!
6. Review

*Speaker’s Profile
Professor Yasuo Nakatani obtained his TESOL Certificate from Georgetown University, M.A. from Macquarie University, and Ph.D. from the University of Birmingham and was a visiting scholar at University of Oxford.

His research interests include Communication Strategies, Business Case Studies and Second Language Acquisition.  He wrote many business cases such as Intel’s brand marketing strategies and Chanel & Dior’s perfume
branding strategies.  He published 23 books, 44 research papers and made 55 presentations in the world.

Share this page on facebook, twitter, linkedin, email
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone

詳細

日付:
土曜日 , 9月 10, 2016
時間:
6:30 pm - 9:15 pm
参加費:
1000yen
イベントカテゴリー:

会場

IIdabashi – 飯田橋
Tokyo Japan

主催者

Vital Japan

Vital JapanとVital Englishは、それぞれ目的とレベルが異なる勉強会です。お間違いないようにお申し込みください。

▼それぞれのイベントの対象

Vital Japan:  For English speaking professionals
対象:英語で議論のできる方、専門分野をお持ちの方。
英語レベル:英語ネイティブまたは、英検1級、TOEIC900点程度以上で、英語での議論に問題の無い方)

Vital English:  For English learners
(対象:英語力を高めたい方。英語中級レベル以上で、他の参加者と交流したい方であればどなたでも参加可能。)

勉強会の英語レベルについて