Vital Japan: For English speaking professionals(英語力のある方限定)
Vital English: For English learners(英語を勉強したい方向け)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

12/7(土)Vital English-英語勉強会◆「歴史的視野から2019年を理解し、英語で語ろう!ー 欧米・中東編」

12月 7@6:00 pm - 9:15 pm

¥1,000
Vital English-英語勉強会・英会話&ビジネス英語
Vital English – 英語勉強会  2019年12月7日(土) 6:00-9:15pm 【田町】 (100人限定)
【特別編】※中・上級レベル
◆テーマ 「歴史的視野から2019年を理解し、英語で語ろう! – 欧米・中東編」

◆日時:2019年12月7日(土) 6:00-9:15pm (受付開始 5:40pm)終了後、懇親会

◆会場: 東京・港区 JR田町駅/地下鉄三田駅そば
100人限定のため、場所の詳細は参加申込者にご連絡します。
メンバー向けのメルマガでもお知らせしています。

◆参加費:1,000円
◆定員:100人限定

参加申込フォーム  参加受付中!

◆Speaker: 小田 康之, Vital Japan 代表 & 創設者

◆レベル: 中-上級 レベルの詳細

歴史的視野から2019年を概観し、英語で語れるようにするための特別編勉強会。
午後6時からのセッションでは、ヨーロッパ、アメリカ(米州)、中東に焦点を当てます。

世界で民衆の反乱が続出した2019年。ヨーロッパでは地域主義、ポピュリズムの深まり、混迷の続くBrexit等、歴史的視点から考える必要のある出来事が頻発しています。米国では、大統領の弾劾に向けた動き、来年の大統領選に向けた候補者と左右の対立と分断。またラテンアメリカでも、民衆の反乱が続いています。中東に目を向けると、イラン問題、シリア問題等、歴史的視点が不可欠です。

歴史的に考えると、これらはどう解釈すべきなのでしょうか?
そして英語ではどう表現するのでしょうか?

スピーカーからの背景知識や英語表現の解説を踏まえて、1対1やグループディスカッションにて英語で意見交換をし、理解を深めます。

解説は主に日本語で行いますが、英語での表現方法をあわせて学び、英語でのアクティビティーや会話もあります。
プレゼンは、小田が日本語と英語を交えて行います。

【内容】(予定)
・米国の大統領弾劾、大統領選、進む分断化
・ラテンアメリカ – 民衆の蜂起、左翼政権の退潮&復権
・EUの危機と漂流 – 地域主義、ポピュリズム、Brexit
・中東 – イラン問題、シリア問題

 

 

Share this page on facebook, twitter, linkedin, email
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone

詳細

日付:
12月 7
時間:
6:00 pm - 9:15 pm
参加費:
¥1,000
イベントカテゴリー:
イベント タグ:
, , , , , , , ,

主催者

Vital English

Vital JapanとVital Englishは、それぞれ目的とレベルが異なる勉強会です。お間違いないようにお申し込みください。

▼それぞれのイベントの対象

Vital Japan:  For English speaking professionals
対象:英語で議論のできる方、専門分野をお持ちの方。
英語レベル:英語ネイティブまたは、英検1級、TOEIC900点程度以上で、英語での議論に問題の無い方)

Vital English:  For English learners
(対象:英語力を高めたい方。英語中級レベル以上で、他の参加者と交流したい方であればどなたでも参加可能。)

勉強会の英語レベルについて