Vital Japan: For English speaking professionals(英語力のある方限定)
Vital English: For English learners(英語を勉強したい方向け)

イベントを読み込み中

« すべてのイベント

  • このイベントは終了しました。

【満員】2/2(土)午後2時 Vital English-英語勉強会◆「スペイン語&英語 – 米国の社会・音楽を理解するために」

2月 2@2:00 pm - 5:15 pm

¥1,000
Vital English-英語勉強会
Vital English – 英語勉強会  2019年2月2日(土) 2:00-5:15pm 【田町】 (100人限定)
【特別編】 ※レベル 英語中級以上
◆テーマ「スペイン語&英語 ー 米国の社会・音楽を理解するために」

◆日時:2019年2月2日(土)2:00-5:15pm(開場:1:40pm) 終了後、夜の勉強会まで自由な交流タイム

◆会場: 東京・港区 JR田町駅/地下鉄三田駅そば
100人限定のため場所の詳細は、参加申込者にご連絡しています。
メンバー向けのメルマガでもお知らせしています。

◆参加費:1,000円
◆定員:100人限定

◆参加申込フォーム  満員

*携帯メール・hotmailは不達の可能性が高いので他のアドレスで申込ください。その他のアドレスで受付確認メールが届かない場合には、スパムメールフォルダをご確認ください。

◆Speaker: 小田 康之, Vital Japan 代表兼オーガナイザー

◆レベル:  英語中級レベル以上(1対1やグループでの英語会話アクティビティーあり)
スペイン語力は必要ありません

初めての企画です。
米国の社会・音楽・歴史を深く理解したい方、スペイン語の初歩を知りたい方、英語で会話をしたい方、ぜひどうぞ。
主に日本語でのレクチャーと、英語での1対1やグループでの参加者による会話を織り交ぜたセッションです。

LatinoまたはHispanicと呼ばれるスペイン語系住民の人口は、米国のおよそ2割にも達し、ますます増加傾向にあります。今の米国の社会、政治、音楽などを深く理解しようとするとスペイン語とLatino/Hispanicの知識は不可欠です。

米国でも人気のラテンポップやダンス音楽の多くはスペイン語や中米・カリブ系。その楽曲やアーティストの言葉を見てみると、米国の社会や複雑な歴史が垣間見えます。

また、カリフォルニアの地名の多くはスペイン語。San Francisco, San Diegoのように、なぜこれほどSanの付く地名が多いのでしょうか。歴史をひもとき、考えます。

スペイン語のABC、発音の仕方など入門的なスペイン語やスペイン語と英語の関連についても触れます。

小田が日本語・英語・スペイン語を交えプレゼンします。

【内容】(予定)
– スペイン語のアルファベット・発音、英語との関連
– Latino/Hispanicとは
– 米国の政治・映画・音楽にみるスペイン語・Latino
– ラテンポップ、ダンス音楽にみるスペイン語と歴史
– 米国の地理とスペインの歴史, etc

【流れ】(予定)
・Icebreaking (1対1の自己紹介 x 3回 でウォームアップ)
・テーマに関する講義
・英語アクティビティ(1対1やグループで英語で会話)
[休憩] 休憩後 席替え・新たなグループで後半!
・新たなグループ内で自己紹介
・テーマに関する講義
・英語アクティビティ(1対1やグループで英語で会話)
・Summary Talk (本日学んだことを英語で振り返ろう)

 

Share this page on facebook, twitter, linkedin, email
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone

主催者

Vital English

会場

Tamachi – 田町
Tokyo Japan + Google マップ

Vital JapanとVital Englishは、それぞれ目的とレベルが異なる勉強会です。お間違いないようにお申し込みください。

▼それぞれのイベントの対象

Vital Japan:  For English speaking professionals
対象:英語で議論のできる方、専門分野をお持ちの方。
英語レベル:英語ネイティブまたは、英検1級、TOEIC900点程度以上で、英語での議論に問題の無い方)

Vital English:  For English learners
(対象:英語力を高めたい方。英語中級レベル以上で、他の参加者と交流したい方であればどなたでも参加可能。)

勉強会の英語レベルについて