アメリカ英語で”take the fifth”とは?【時事英語・英単語・熟語】

take five と言えば、「ちょっと休憩をとる」ことを意味しますが、take the fifth と言えば?

以前、Vital Englishの勉強会のダイアログの中でもご紹介したことありますね。
「それについてはしゃべりたくない!」という口語表現として米国でよく使われます。

もともとは「黙秘権を行使する」という意味。
黙秘権、証言拒否の権利を定めた米国憲法の修正条項第5条(the Fifth Amendment)を行使する、ということです。

ちょうど、Martin Shkreli (マーティン・シャリ)が連邦議会で”take the fifth”したことがニュースになっています。
Shkreli は、ファンド運営の傍ら、買収した製薬企業の独占的な薬の価格を5000%にもつり上げたことで全米に悪名をとどろかせた若者です。

●NPR: “Martin Shkreli Takes The Fifth, But Can’t Resist Firing Back”

このコラムは、Vital English-英語勉強会のメルマガで配信した内容の一部再録です。

■Vital English-英語勉強会■
日本最大級の講師と参加者による英語勉強会・英会話サークル

Share this page on facebook, twitter, linkedin, email
Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on LinkedInEmail this to someone